検索
  • マイシューズストーリー

正しい靴の選び方「靴の条件」

6/20の中日新聞

『6/20中日新聞「この人」に掲載されました!!』当初は静岡県版のみの掲載予定でした…  が何と  愛知県三重県岐阜県滋賀県静岡県長野県富山県石川県 の中日新聞発行エリア全県に渡っての掲載となりました。 土曜…ameblo.jp

7/1の東京新聞

に掲載いただいたことで、たくさんのお問い合わせをいただいております。

誠にありがとうございます

そこで今一度、正しい靴の選び方についてお話ししたいと思います。

こんにちは!

足・靴・歩行の専門家、森千秋です


いろいろなところで見かける「正しい靴の選び方」ですが

ここでは足計測の専門家として書き記します。

正しい靴選びの目的は、体と歩行の安定です。

足と靴の適合(足と靴のピッタリ具合)の難しさは,靴型設計の難しさにあります

.それは、

①靴には体重を支える固定の役割と、 

②足全体を覆いながら靴が曲げられて推進することを同時に担い

足の延長として機能しなければならないという点にあります。

※写真はミズノ株式会社様より引用

サラッと書きましたけど、この三重苦

足や靴は、とてつもなく複雑なことをやってのけています。

固定しながら推進って、無理ッスて、私なら断りますもの

大体が

踵と土踏まずと足ゆびって、1つの足ですけど、全部機能が違いますよね

そこで靴選びを考える時

靴屋さんで見るべきところは3つ。

私がおすすめする、自分に合う靴を見つける近道アドバイスは

「足と靴を3つのエリアに分割する」ことです。

■後ろの方=後足部

■真ん中=中足部

■前の方=前足部

なぜなら、足の3エリアは、担当する仕事がそれぞれ違うんですよ

だからその仕事内容が靴に反映されていないとダメ

安定した歩行には、スムーズな重心移動が重要です。

その重心移動は①➡②➡③の順で行われます

①後足部=安定接地

②中足部=衝撃吸収

③前足部=蹴り出し

しかし、この重心移動が足ゆびまで行われていないと・・・

足の前の方=足ゆびに多く靴トラブルが見受けられるのです。

さて、まとめです。

↓↓ひも靴の条件↓↓

■後ろの方

・ヒールカウンターが入っているカカトまわり(黄色い部分)が硬いもの

ヒールカウンターの質の確認方法:

店内にある靴10足くらいのカカトまわりを、清潔な手でやさしく触ってみてください。どれが良いものかすぐに分かりますよ

・カカトがすっぽり入り、アキレス腱を守るカカトの深いもの

■真ん中

・シャンク(靴の背骨)が入っていて、靴の真ん中で折れ曲がらないもの

靴ひもやマジックテープのような調整具が具備されているもの

■前の方

靴底が足ゆびの付け根で曲がり、しっかりと蹴り出せる機能があるもの

■全  体

靴の中情報を知る唯一の手がかり「中敷き」が取り外せるもの

自分に合った靴でどこまでも歩きたい

行きたいところに行ける

やりたいことができる

痛みなく歩くことができる

そのための靴選びです

次回は正しい靴選び、その理由についてお話しますね

是非、参考にしてみてください。

今日はここまで

************************

足と靴の健康を科学するインソールのお店 マイシューズストーリー代表

一般社団法人 日本靴育協会 代表理事

静岡市教育委員会 外部スペシャリスト講師

森千秋でした

81回の閲覧

最新記事

すべて表示

当店からの折り返し電話について

平素は当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 当店の代表電話にお問い合わせやご予約などのお電話をいただいた際に、残念ながら定休日であったり、営業日でも接客中などで電話に出られない場合がございます。 お客様からいただいた電話の着信を元に、当店から折り返しをさせていただく場合は、基本的に代表の森が直接電話をかけさせていただいておりますが、これは、症状や状況を把握し、ご来店時の対応をスムーズに

 

問い合わせ

054-689-5445 (080-6927-0808)

フォロー

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

©2019 MARCH CO.,LTD.